物件相談室 | 萩市周辺の不動産をお探しなら有限会社キタウラ土地開発にお任せ下さい。

有限会社キタウラ土地開発

営業時間9:00~18:00(事前にご連絡頂ければ休日でも対応可)定休日土・日曜日、祝・祭日

メール・アドレス:kitaura03@miracle.ocn.ne.jp

物件相談室(空家対策でお困りのお客様へ)

TO OWNERS

ご存知の方も多いと思いますが2015年5月26日から執行された「空き家対策特別措置法」ですが、空き家の放置を取り締まるための法律で地域の自治体が有害な空き家だと判断したものが処罰の対象になります。処罰の具体的措置としては・・・
1,空き家の固定資産税が6倍に増額される(必ずしも6倍とは限りませんが。)
2,自治体が所有者を特定し、強制的に解体を命じられる ・・・などがあります。
家屋の老朽化の程度にもよりますが自治体によって判定基準は異なり、通告が来る前にいますぐ対策を施しておく必要がありそうです。

萩市周辺空家の事ならまず当社にご相談ください

萩市在住の方で・・・

都会にお住まいの方で・・・

上のイラストのように萩市内に土地や家屋を所有しながらもこれまで有効に活用できなかったり、毎年の固定資産税の支払いもバカにならないのでそろそろ手放したい・・・等々の物件をお持ちの方、是非お気軽に弊社へご相談ください。弊社にて調査し、条件が合えば買取も検討しております。中古の家屋、田や畑、なんでも結構です。また土地の有効活用についても借地のお話等ご紹介できるよう努力いたします。全ての物件について買取や有効活用が可能であるとは限りませんが物件情報をストックすることによって弊社に寄せられる購入希望や賃貸希望のお話と照合し、その都度「このようなお話があります。」という形でご紹介することは可能です。またお寄せいただく物件は原則萩市内の物件に限らせて頂きますことを予めご了承ください。是非一度下記の物件登録フォームにて情報をお寄せくださいませ。

中古建物売却の注意点

中古建物の売主として注意すべき点は何ですか?
かなり多くの点で注意しておくべき事項がありますが、宅地建物取引業者(不動産業者)へ最初に相談に行く際に、下記の問題点を良く考慮しておくのが良いと考えます。
①隣地との境界について
②登記簿面積売買か実測面積売買か?
③建物の現状を把握する
④建物状況調査について
おおまかにいえば上記4点について売主さんとしてどのようにするのかを考えて頂くことが必要です。以下では①~④それぞれについてみてきましょう。
①隣地との境界について
隣地との境界ははっきりしていますでしょうか?例えば隣地との間にブロック塀が設置されていたとして、それはどちらが施工したものでしょうか?また屋根等の構造物が隣地へ越境していたりと言ったことがないでしょうか?登記簿面積売買の場合は売買契約書第4条に「売主の境界明示義務」がございます。もしも隣地との境界がはっきりしない場合はそのことで売却価格を低く抑えざるを得ない場合もあります。買主様にとっては購入したものの、後日隣地との間に境界の紛争が起きてしまうかもしれないというリスクを引き受けざるを得ないからです。まれに近年になって「地籍調査」等が入り、境界票や境界杭が現地にある場合もありますが、売主さんとして最低限、お隣と事前にお話されて境界について確認されておいたほうが良いでしょう。
②登記簿面積売買か実測面積売買か?
登記簿面積売買とは土地の登記簿に記載された面積で売買することをいいます。この面積はそのほとんどが昔の測量水準で行われたものが多く、現在の測量水準からすると正確さに難があります。①にあるように隣地との境界がよほどはっきりしていない限り、買主さんに隣地との境界紛争のリスクを背負わせる形となります。そもそも民法上は「売買対象物の確定」は売主にその義務があります。したがって隣地との境界がよほどはっきりしていない限りは、土地家屋調査士に土地面積を実測してもらい、実測面積売買を行うのがもっとも安心ということになります。しかしながら、実測するにも費用が掛かります。売主さんとしてはそのあたりをどのようにお考えになるかを宅建業者にお伝えください。ブロック塀やフェンスが隣地のものか、それともこちら側のものか分からない場合でも土地家屋調査士主導の下、隣地所有者と改めて取り決めることが出来ますので欲を言えばこれが一番安心できる取引形態です。
③建物の状態を把握する
現在まで、または近年まで住んでおられた場合、売主さんも建物やその設備についてよく分かっておられるのでそれほど問題は起きませんが、長年空家だった場合などはよく分からない場合もあるでしょう。宅建業者では建物や土地について「物件状況確認書(告知書)」を記入するように薦められると思いますので、その各項目について売主様ご自身が建物や設備について調査されることをお勧めします。設備関係(エアコンや給湯設備等)には特に「付帯設備表」がございますので故障の有る無し等をきちんと記入するよう心掛けてください。とはいえ、建築の専門家でない売主様ではすべてを把握することは困難ですので、その場合は④の「建物状況調査」をお勧めいたします。
④建物状況調査について
国土交通省では宅建業者に対し、ご相談に見えた中古建物の売主様へ「建物状況調査」を行う業者をあっせんするよう義務付けております。「建物状況調査」を売主様が行うことによって、建物の状況を把握し、修理や補修が必要と思われる箇所等をあらかじめ買主側へ提示できるというメリットがあり、買主側もあらかじめそのことを理解したうえで今後に掛かるリフォーム費用等の算出が可能になりますし、何よりも購入しても良いかどうかの大きな判断材料になるというメリットがあります。「建物状況調査」はその資格を有する建築士がその任にあたります。そして状況調査の報告書が作成されますので、それをそのまま買主側に提示します。弊社でもご相談に見えられた売主様には必ずお勧めしております。
最後に
中古建物の売買は甘く考えていては思わぬことになりかねない場合が多々あります。売主様としてはこれまで述べた四つの問題点は少なくともクリアしておくべきこととしてご認識頂きたく存じます。売買完了後の裁判事例が多いのも中古建物の売買が一番多いと聞いております。さらに近年、山口県のような地方では土地の価格そのものが昔に比べて大きく下落しておりますし、土地付中古建物の売買では売主側の費用持ち出し無しで成立することはまれであるとご認識ください。弊社では取引成立のため、努力いたしますが、それには売主様のご協力が不可欠です。何卒、ご理解のうえでのご相談、お待ち申し上げております。
物件相談室お問い合わせフォーム
  • STEP1 お客様情報を入力
  • STEP2 入力内容を確認
  • STEP3 お問い合わせ完了

ご注意:下記登録フォームの各項目全てに入力して送信ボタンを押してください。ひとつでも未入力がありますとエラーとなってお問い合わせ内容が分からない場合があります。なお、スマート・フォン、携帯電話からのお問い合わせの場合は「ドメイン指定受信」の設定をしておられる場合、弊社からの回答メールが受信拒否されますのでご注意ください。
必須は必須項目です。

お問い合わせ内容
  • お名前
  • 必須

  • フリガナ
  • 必須

  • 電話番号
  • 必須

(半角数字)

  • メールアドレス
  • 必須

(半角英数字)

  • 物件の種類

  • 物件の所在地

  • 土地の地目

  • 土地面積

  • 隣地との境界

  • 家屋の築年数

  • 建物の種類

  • 建物の延床面積

  • 既存住宅状況調査の実施

  • ご希望の取引

  • 物件やご希望の詳細

プライバシーポリシー

有限会社キタウラ土地開発(以下「当社」といいます)は、 当ウェブサイト(以下「本サービス」といいます)に係る当社のプライバシーポリシーとして、以下の個人情報保護に対する基本方針及び個人情報に関する公表事項を定め、公開いたします。

【個人情報保護に対する基本方針】

当社は、当社不動産仲介業の一環として、本サービスを提供しております。当社は全てのお客様に安心してお付き合い頂くために、本サービスを通じてお預かりしております個人情報を安全に管理することが至上命題であると考え、プライバシー保護を当社の企業活動における社会的責任と捉えています。当社はこの責任を果たしていくために、この個人情報保護方針を定め、個人情報の適正な取り扱い、維持、管理に誠心誠意努めます。

1.対象

当社は、本サービスにかかる個人情報の保護に関し、本方針を適用いたします。

2.個人情報の収集・利用・提供

当社は、皆様の個人情報に関して、ご本人の同意なく無断で収集することはありません。収集に同意いただいた場合でもあくまで、事前に通知した利用目的の範囲内でのみ使用します。個人情報は同意がある場合、法律上要求し許容されている場合及び利用目的の達成に必要となる範囲内で委託する場合を除いて、第三者に提供いたしません。

3.個人情報の安全保護

当社の保有する個人情報は厳重に管理されています。 当社は内部規定・体制整備等の組織的安全管理措置、従業者の教育等の人的安全管理措置、盗難防止等の物理的安全管理措置、アクセス制御等の技術的安全管理措置を講じ個人情報にかかる事故の予防に努めます。

4.法令・社内規定の遵守

当社は、個人情報に関する諸法令、所轄官庁の定める諸規則の遵守に努めます。

5.苦情・相談への対応

当社は、当社の個人情報の取り扱いに関してご本人又はその他の方から苦情又は相談を受けた場合には、誠実にこれに対応し、 また必要に応じて当社における個人情報の取り扱い方法を改善いたします。

【個人情報に関する公表事項】

1.当社の名称

有限会社キタウラ土地開発

3.個人情報保護に関する責任者

代表取締役 廣畑 雅弘

4.個人情報(保有個人データを含みます)の利用目的の公表に関する事項

当社におきましては、本サービスを通じてお預かりした個人情報を、以下の目的のために利用いたします。
a.会員としてログインする際の本人認証及び会員ページにおける会員関連情報の表示のため
b.電子メール、郵便、電話等による本サービスや関連する当社サービスの情報提供を行うため
c.ご本人からのお問い合わせに対する対応のため
d.ご本人への当社の不動産仲介役務の提供のため

5.認識し得ない方法による個人情報の収集

本サービスでは、利便性の向上のため、ご本人が利用するWebサーバーに記録されたCookieを自動的に取得して利用する場合があります。


5-1.Cookieとは

Cookieとは、ウェブページを訪問したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。次回、同じページにアクセスすると、Cookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えたりすることができます。訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザからCookieを取得できます。なお、訪問者のブラウザは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。


5-2.Cookieの設定について

当ウェブサイトの会員であるかに関わらず、訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。
すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。


5-3.当社がCookieを使用して行っていること

以下の目的のため、当社はCookieを利用しています。
・訪問者が認証サービスにログインされるとき、保存されている訪問者の登録情報を参照して、お客様ごとにカスタマイズされたサービスを提供できるようにするため
・訪問者が興味を持っている内容や、当社のサイト上での利用状況をもとに、最も適切な広告を他社サイト上で表示するため
・当社のサイトの利用者数やトラフィックを調査するため
・当社のサービスを改善するため
・セキュリティー保持のため、ご利用から一定の時間が経過したお客様に対してパスワードの再入力(再認証)を促すため

6.保有個人データに関する事項

保有個人データに関する当社の安全管理対策の内容は、プライバシーポリシーに記載のとおりです。

7.個人情報の第三者提供

当社は、法令で許容される場合の他は、ご本人の事前の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。

8.開示等の求めに係る手続き

当社では、保有する個人情報のご本人から個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止、第三者への提供記録の開示等の求め(以下まとめて「開示等の求め」といいます)があった場合、当該開示等の求めに法令に定める理由があり、当社が開示等を行う権限を有しているときは、速やかに応じさせていただきます。

(1)開示等の求めの対象となる項目

6に記載の個人情報に係るすべて

(2)開示等の求めのお申し出先

〒 758-0011 山口県萩市大字椿東久保田826番地6

TEL 0838-24-2262 FAX 0838-24-2263

(3)開示等に際して提出する書面・手数料

当社においては開示等に際して使用する特定の書式は定めておりません。また当社では開示等について手数料は徴しておりません。

(4)ご本人確認

開示等にあたってはご本人確認のため運転免許証、パスポートなどの写真付き身分証明書の写しをご送付願います。 また代理人によるご連絡の場合には代理関係を証明する書類を共に送付願います。

(5)回答方法

原則として書面により回答いたします。

9.苦情の受付窓口

8(2)に同じです。なお当社の所属する認定個人情報保護団体等はありません。